転職時にもとめられる資格

転職時にもとめられる資格というのは、専門職以外は特に多くはないそうですが、持っている資格が有利にはたらく点では、結局のところやはり、国家資格が強いそうです。取り分け、建築・土木係では建築士にみられるような「業務独占資格」と言われるその資格をもたないと実際の業務にはつけないというような仕事が多いものなので、狙いやすいのかも知れません。
転職活動は在職期間中から行ない、転職する先が決まってからやめるのが理想です。
退職してからの方が自由な時間も多くなりますし、すぐに働き始められますが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。無職の期間が半年を超えてくると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで現在の仕事を退職することのないようにしましょう。
今とは違う業種に仕事を変えるのは難しいと思われる方が多いですが、実際問題いかがでしょうか?説明は後で結論から申せば異業種への転職は生や指しいものではありません。経験者と未経験者どちらかを選ぶ場合、採用担当者は未経験者を選ぶことは少ないです。しかしながら、100%不可能だという訳ではないので、努力を重ねる事によって転職に成功することもあるでしょう。人材紹介会社を使って転職が上手い具合に行った人も少ないことはありません。一人きりで転職活動をするというのは、精神的に追い込まれることも多いです。
転職先が決まらないと、何をどうしたらいいのか行き詰ってしまうこともあります。人材紹介会社に頼めば、自分の望む求人情報を探してくれたり、ためになる話も聴けるでしょう。転職するための活動は今の職に就いている間に行ない、転職先が決まってから辞職するのが理想です。

退職後は、時間が自由ですし、すぐはたらけますが、転職する先がなかなか決まらないこともあります。

無職の期間が半年以上になると、就職先が減少していきますから、後先を考えずに、今の仕事をやめないようにしてください。